プードルやマルチーズ、シーズーなどの犬種で、特に被毛が白い犬では、目頭から鼻にかけて被毛が茶色くなることがあります。これは、“涙やけ”と呼ばれ、涙がたくさん溢れでるために、涙の中の成分が被毛に着色してしまうことにより起こります。このように涙がたくさんでてしまう病気を流涙症と呼びます。では、どうして涙がたくさんでてしまうのでしょうか?

~涙のおはなし~

健康な犬の眼は、潤ったように輝いています。これは、角膜の前面を涙の層(涙膜もしくくは涙液層)が覆っているためです。この涙液層は油層(油性膜)、水層(水性膜)、粘液層(粘液膜)の3層からできています。一番外側にある薄い油膜の層は、まぶたにある皮脂腺であるマイボーム腺(瞼板腺)から油性物質が分泌されることにより作られ、水層の乾燥を防いだり、涙がこぼれ落ちるのを防止しています。

真ん中の水層は、涙腺や第3眼瞼腺から分泌される涙の水分から成り、角膜に酸素や栄養を補給したり、眼球を保護する役割を果たしています。角膜に一番近い粘液層は、結膜の胚細胞から分泌される粘液(ムチン)から成り、目の表面の涙を均一にする働きをしています。

正常な犬では、涙腺で作られた涙は、瞬きをすると目の表面に広がって目を潤します。その後、一部は蒸発しますが、過剰な涙はまぶたの内側にある涙点という穴から排出されます。涙点は、涙小管という小さな管につながっていて、涙嚢へと続きます。涙は涙嚢に集まり、そこから鼻涙管を通って鼻孔に排出されます。そして、鼻水として飲み込まれるか、鼻孔から流出します。

涙は眼の乾燥を防いだり、眼についた汚れや細菌を取り除くなど、大切な役割を果たしています。

どうして流涙症は起きるのでしょうか?

流涙症はいろいろな原因によって起こります。ここでは、流涙症の主な原因をご紹介します。

涙の過剰分泌

涙が過剰に分泌される原因として、まつ毛の異常や眼瞼内反症、眼の炎症性疾患などがあげられます。

まつ毛の異常

正常なまつ毛は眼球に触れることはありませんが、逆まつ毛など、まつ毛が眼球に接してしまうと、それが刺激となって涙がたくさん産出されます。 

まつ毛の異常には、いろいろなタイプがあります。正常な位置から生えているのに、まつ毛が眼球に向かってしまう睫毛乱生(しょうもうらんせい)、正常な位置よりも眼球に近いマイボーム腺開口部からまつ毛が生える睫毛重生(しょうもうじゅうせい)、さらにまぶたの内側に生える異所性睫毛(いしょせいしょうもう)があります。

このようなまつ毛の異常は、先天性によるものが多く、睫毛乱生は、パグやイングリッシュコッカ―スパニエル、ペキニーズに、睫毛重生はトイプードルやコッカ―スパニエル、ミニチュアロングヘア―ダックスフント、シェットランドシープドッグ、ゴールデン・レトリーバーに、異所性睫毛は、ダックスフントやシーズー、ボクサーなどによくみられるといわれています。

眼瞼内反症

眼瞼内反症は、まぶたが内側に入り込りこみ、眼球を刺激してしまう病気です。眼瞼内反症の原因は、先天性のことが多く、パグやトイプードル、ダックスフント、ポメラニアンなど多くの犬種でみられます。また、結膜の損傷や慢性結膜炎、眼瞼痙攣などに起因することもあります。

眼の炎症性疾患

感染や免疫介在性疾患(アレルギーなど)による結膜炎や角膜炎、眼瞼炎、眼の中の異物(寄生虫や砂、ほこりなど)などにより、涙の量は増加します。 

涙の排水異常

通常、過剰な涙は涙点、涙小管、涙嚢、鼻涙管を通って鼻道に流れていきますが、この涙液排出器官に異常が起きてしまうと、涙はあふれ出てしまいます。

涙小管や鼻涙管の狭窄・閉塞

鼻炎や副鼻腔炎、腫瘍(第3眼瞼や結膜、まぶた、鼻腔内など)、奇形などにより涙小管や鼻涙管の狭窄や閉塞が起こります。特に、コッカ―スパニエルやプードルでは、鼻涙管の閉塞を起こすことが多いといわれています。また、乳歯が生えてくる際に、鼻涙管が圧迫されることがあります。この場合、永久歯に生え変わると症状は改善されます。

涙点閉鎖

奇形や外傷などにより、涙点が塞がれてしまうことがあります。

涙嚢炎

感染により、涙嚢が炎症を起こすと、涙が通過できなくなってしまいます。

浅眼窩

眼窩は、眼球が収まっている穴のことで、パグやシーズー、ペキニーズ、マルチーズなどの短鼻犬種では、眼窩は浅い傾向があります。眼窩が浅いと、涙が目の周りに流れ出やすくなります。

涙の痕はどうして茶色くなるのでしょうか?

 涙にはポルフィリンという有機化合物が含まれています。このポルフィリンは、赤血球のヘモグロビンやミオグロビンの成分として、大切な働きを担っています。ポルフィリンは体内での仕事が終わると、通常、胆汁や腸管に排泄されますが、犬では、唾液や尿、涙にも大量のポルフィリンが排泄されます。このポルフィリンは結合する分子により色が変わるのですが、犬の涙に含まれるポルフィリンは、光を浴びると赤い色を呈するため、ポルフィリンの含まれる涙が持続的に流れると、被毛は茶色く変化してしまいます。
 また、涙によって被毛が常時濡れていると、細菌やマラセチア菌による感染を起こすことがあります。もし、涙やけの色がだんだん濃くなってきた場合には、マラセチア感染が疑われます。

参考文献およびURL

[1]加藤嘉太郎、家畜比較解剖図説(下)、養賢堂
[2]Melvin J Swenson, デュークス生理学(下)、第10版、学窓社
[3]幡谷正明ら、家畜外科学、第4版、金原出版
[4]医学大辞典、第19版、南山堂
[5]Amy Flowers, Dog and Tear stains, WebMD
http://pets.webmd.com/dogs/guide/dogs-and-tear-stains
[6]Mike Paul,Why does my dog have tear stains?, Pet Health Network
http://pethealthnetwork.com/dog-health/dog-diseases-conditions-a-z/why-does-my-dog-have-tear-stains
[7]PetMD,Eyelash Disorders in Dogs
http://www.petmd.com/dog/conditions/eyes/c_dg_trichiasis_distichiasis_ectopic_cilia